2018年5月22日 19:17

曳家の据え付けの精度

高知県吾川郡いの町で、1階を嵩上げして駐車場にしていた(通称:下駄ばき)お家をお施主さんが高齢になったために、階段の昇り降りが辛い。とのことで、下げる作業をしておりました。

で・・本日、据え付け!!

 

がーーーん。上下がずれてます!!

こちらも!!

 

まあ・・家は重さが異なりますから、1mも上げ下げしたら・・「動きます」

 

そんなわけで・・・

 

こんなにずれてますのを・・・

 

まっこんなもんですかね

 

 

 

そしてボルト締めです。

もちろん・・10cm以上の沈下修正も行いましたので・・

ここまで、ぴったりで無いところも4本くらいは出てしまいましたが・・

でも、曳家がどの程度、精度を追いかけることができるか?を知っていただければ幸いです。

 

ps

曳家岡本のHPもぜひ見てくださいませ。

ps2

急ですが・・

今週末26日(土曜)広島泊
27日は未定
28日(月曜)29日(火曜)熊本泊

の予定で現地調査に行かせていただきます。
「それじゃあ、逢おうよ」とか、

「うちのお施主さんの家も沈下修正したいんで、寄ってよ」というご要望ありましたらメッセージください

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
コメント
アーカイブ