岐阜県可児市にて土台揚げ沈下修正かつ構造補強工事やってました!

ただ今、新潟県中央区で土台揚げ沈下修正工事を行っております。
昨年に引き続きお声かけ頂きました「オーガニックスタジオ新潟」様には深く感謝いたします。

さて、石川県からの社寺、伝統構法の建築物の修復のご相談が増えてきましたので、石場建て建築物の修復に関する基本情報をお伝えしておきます。


まず石場建て建築物の場合、土台がありませんので。
ジャッキをセットするためには壁を落して添え柱を取り付けなくてはなりません。


また直下率が悪いところは、下から枕木を組み上げて、サポートしなくてはなりません。

地震で揺れて変形したもを「水平を直した後に、垂直を直さなくてなりません」

家起こしは建築物を起こす過程で「倒す」リスクとの闘いです。
たくさんの枕木を使用してバックアップします。

古い農家の家起こしをしている場面です。


↑家起こしをしましたら、元に戻らないように、仮筋交を入れてゆきます。

地震により歪んで変形した建物は癖が付いてしまっていますから、
「柔構造を剛構造に換えなくては正常な形を維持できなくなっています」
なので新たに嵩揚げをしておいて基礎を造って据え付け直さなくてはなりません。




据え付けが完了すると、耐力壁を挿入してゆきます。
地震の揺れで仕口が傷んでいるからです。人間で云えば関節が弱くなっているとイメージしてください。

ざくっと解説させて頂きましたが、石場建て建築物の修復には相当の費用がかかります。
例でいうと、例えば弊社が沈下修正工事と家起こし、嵩揚げを40坪程度の建物で行ったとすると、
1000万円~1400万円程度かかります。これに千葉県いすみ市から工具類の輸送費と宿泊費など経費がかかります。
さらには、木工事(工務店に依頼してください)に2000万円~3000万円かかるだろうと思います。

すると居住スペースとしてだけ必要としているなら近隣で被災されていない中古住宅を買われるのが安価になります。
もちろんローコスト住宅もありです。
社寺、古民家を修復したいと考える方は、それはアンティークやビンテージものを直すのと同じであること。をよくよく考えて検討するべきです。


昨年11月に「曳家岡本口伝 構造から直す本気の住宅再生」(創樹社)という本を出版しています。
こちらを読んでいただくとまずまず細かな細工についてや、見積書の内訳を記載しております。
amazonや楽天ブックスなどで販売されていますのでよろしければ読んでください。

 


いよいよ今夜より「曳家岡本」新潟入りします。
(自分は21日、22日と大阪で沈下修正工事に関するセミナーをさせて頂いてからの合流です)

雪降る中、上野近くでの現場の撤退を堅田さんと宏くんに御願いして、出身地の高知県で建築士会有志の熱意で開催していただいた「曳家岡本口伝 構造から直す本気の住宅再生」出版記念セミナーと懇親会は高知県を代表する料亭「得月楼」で、にぎにぎしく実施して頂きました。
一泊だけですが、参加するために来てもらった堅田さんが、「親方の嬉しそうな顔を見てウルッと来てしまいました」と告白してくれるほど。
自分は長く地元では評価いただけないままでしたから、この日は本当に感無量でした。
東京での著名な建築関係者に集まっていただけた懇親会とは、また違う温かい気持ちになれた一夜でした。

東京にとんぼ帰りした堅田さんは、翌日から20トン越の資材の撤退作業です。

自分は高知県に残って、4日間だけゆっくりさせてもらうつもりでしたが。
高知入りする前日まで新潟でのセミナー後に廻らせていただいた、現地調査11棟の見積書を書くのに3日ほど使ってしまいました。
なにしろ、皆さん早く施工金額を知りたいでしょうから、これは東京に戻ってからではないな。と判断して書きました。
高知に置いてある予備機のPCを久しぶりに繋いだら、windows7からヴァージョンアップしていないままだったせいで、変な警告画面が出ます。
近くのPCショップに修理に持参しましたが、上手くゆかず。結局、手書きの見積りを書いて写メで送らせていただくというご迷惑を掛けました。
遺された時間の中でご事情で出版記念懇親会にはご参加いただけなかった先輩や友人にご挨拶に廻らせていただきました。

堅田さん、宏くんは千葉県いすみ市の倉庫で片づけ+メンテナンスと、新潟行きの荷造りです。

昨日、2月19日の「読売新聞」の記事です。

弊社にも、石川県から1棟お寺の修復相談来ていましたが、やはり「今は檀家さんたちもたいへんだから(寄付を募れない)」と話が頓挫しています。
一般的な40坪前後のお寺の沈下修正や、家起こしをする為には50トン以上の枕木や鋼材が必要になります。
これらを保有していて対応できる業者数は限られています。
はっきり云って、一般住宅の傾きを直させてもらっている方が身体への負担も少なく、会社としてもそちらを数こなす方が正解です。
しかし、後2年で引退を考えている自分の気持ちを知ってか。
堅田職長が「社寺の相談来たら優先してください。親方の想い出になりますよ」と言ってくれます。

弊社は小さな会社です。
ご要望に応えるために、5月からは1名人員を増やす計画があります。
それ以上は自分たちで管理できる施工品質が維持できませんので増やしません。
小さな会社の小さな矜持です(笑)


少しづつ角度を換えながら新しい基礎上まで曳家してまいりました。
まだ、この高さだと「蛇人間」宏くんもスイスイと床下を移動できます。


ガイドで土台と基礎の位置を照らし合わせて微調整してゆきます。



位置が決まりましたら、全ての柱に直接、ジャッキを掛けてH鋼を抜けるようにします。

いよいよ「上腰工法」への変換です。
上腰工法とは敷居より上で柱を掴んで持ち揚げる曳家の技術の一つです。
鋼材を貫通させるために柱廻りの壁を抜かなくてはなりませんが、その代わりに基礎は新築と同じものを造れます。
曳家をすると、どうしても鋼材を抜くための開口を基礎に造るのが多いですが。
基礎立ち上がりを「基礎梁」と考えるなら、梁にあちこち穴を開けて「後から埋め木するから良いだろう」というのは良い工事ではありません。
しかし「構造から直す本気の住宅再生」(創樹社)の巻末対談で伊礼智先生に告げてありますが。
我々が主導するとどうしても「耐震性」や「強度」のことばかり優先してしまいます。
やはり建築士さんがお施主さんの生活スタイルをきちんと聞き取りしてくださり、何を優先するか?選んでいただくことが重要です。



ここまで土台下にあったH鋼を敷居上に組みなおして行きます。
堅田さんと宏くんが「今日はここまで」と自分たちでノルマを決めて終わるまで帰らない。と強いハートで作業してくれます。

親方である自分は、疲れてくると右手首の力がすこぶる落ちてくるので、細工仕事を担当させてもらってます。


ジャッキダウンするために、枕木の中心に伸ばした状態のジャーナルジャッキをセットしてゆくんですが。
両側に仮受けした低床型ジャッキの真下(2枚目のジャーナルジャッキのギア右手)を見ていただくと不自然に枕木の間に、12cm程度の空間があることに気づかれると思います。
これは本来、ここに少し前までは枕木が通っていたことの証明です。
曳家は大工さんと違って「ばらしておいて組み直そう」が出来ない職業です。
どんな時でも、辛抱強く何度もジャッキを移動させながら、少しづつジャッキダウンを始められる状態に持ってゆきます。

上腰工法に変換しましたら、床下での木工事も楽に出来るようなります。

今回も200台近い大小取り交ぜたジャッキを惜しみなく使ってます。
もうすぐ据え付けです。


※帰り道 信号待ちにて。

能登半島地震の被災住宅からのお問い合わせが続いてます。
お問い合わせ頂きましたら、症状、築年数等を伺って理想の沈下修正工法をアドバイスさせてもらってます。
必ずしも弊社にご依頼ください。というわけではありません。
これは平時でも、仕事が薄い時でも変わらない姿勢です。

それでも、「地震保険に加入はしていたけど保険の審査で35万円しか降りませんでした。とてもではないですが、アンダーピニング工法を選ぶ余裕はありません。」と土台揚げ沈下修正工法を選んで、弊社にご相談くださる方もいます。

「曳家岡本」は1班体制の小さな会社です。
もし今、ご連絡いただいているお家とお寺1棟(新潟10棟、富山2棟、石川2棟)が全て決まればそれだけで1年が必要となります。
もちろん全てご依頼いただけるはずもないでしょうし。
「そんなに待てない」という方もいらっしゃると思います。

自分たちに出来るのは、ご依頼いただきました建物を1棟1棟を丁寧に誠実に直してゆくのみです。

どんなに疲れていても目の前に1本18kgの枕木が置かれると、まるで生前の記憶に従うようにレールを敷いてしまうのが曳家職人です。

「弘法筆を選ばず」と云いますが、「曳家岡本 工具選びまくり」です。


栃木県の曳家「五月女建設」五月女社長が、職人の小暮さんと陣中見舞いに立ち寄って下さいました。

「一つ一つの工具が一人で持てるようなっててこれは便利。自分らだとユニック入らないと搬入に苦労します」

「確かに、この工具が向いている現場ですよね」

お2人はその場で導入も検討するくらいです(笑)

弊社の堅田部長が「棲み分けでお願いします(笑)」とニコニコ返事します。

そして、(一社)建物沈下修正業者連合会 事務局の三島さんに、ウインチ自慢。

「うおーー!久々にでかいウインチ見ました!安定感がありますね」

もちろん基礎に当てずに底板まで掘っています。


滑車は4連です。1回廻すたびに半分に減りますので手元に来る重さはおよそ40kg程度です。


かなり移動しました><



まあまあ動きましたので、高基礎部分を越えるために全体をまた17cm揚げます。



自分は、枕木組ませたら、
昨年も全日本曳家枕木組選手権で昨年も「60代の部」で優勝したくらい上手いです。

堅田部長がそばを通りすぎながら「愉しんでますね(笑)」と云ってゆきます。
いやいやまだまだケンジさん(たまに手伝ってくれる堅田さんの友人)には負けられません!
細かな調整のために敷いた軍手や基礎梁を遺して左右に組んだ枕木の美しさを見てください!

今回は個人住宅ですので全体像をお見せ出来なくて残念ですが。背が高くまた、通し柱の位置が内側にあるので「揺れて折れないか?」随分と心配しましたが。
今のところ本当にきれいに動いてくれてます。動き始めは顔がヒリヒリして痛かったです。
ついでに、指に鉄板落として血豆も痛いです。

ps
今、新潟県西区をはじめ元旦の地震で傾いたり、亀裂が出来たお家のご相談が入ってきてます。
弊社は1班体制の小さな会社であることに誇りを持っております。たくさんのご依頼には応えられないですが、誠意を持って対応させていただきます。
土台揚げ沈下修正の場合、曳家職人は上部構造の癖を知っていますので、肝を掴んだ施工が出来る。と思います。
よろしくお願いいたします。
hikiyaokamoto@gmail.com   090-5143-0607

ps2
こんなところを通勤してます。50歳まで高知で暮らしていた身には都会の運転は本当にきついです。
なので、地方大好きですからよろしくお願いします。

能登半島地震で住宅(建物)が傾いた方への参考意見を取り急ぎ書きました。

まず新潟県で起きている液状化による地盤沈下で建物が傾いているものと、地震の揺れによって建物が変形しているものとでは修復方法は大きく異なります。

①沈下修正工事→水平を直す工事

②家起こし(軸組補正工事)→垂直を直す工事

です。

今回の地震では震源に近い地区では①と②の工事を同時に行わなくてはならない建物が多いと推察できます。

沈下修正工事は1階が20坪程度の2階建てで一般的に300万円から1200万円程度。
家起こしは400万円~1200万円程度。
それぞれ給排水衛生設備工事や外構の復旧工事など付帯工事が掛かります。
特に家起こしの場合は、屋根と構造部分を遺して壁や床の修復費用も発生しますので合計すると、それなりの費用が発生します。

なので、下手に修復しようとすると、新築でローコスト住宅が建てられるほどです。
建物のコンディションや生活再建とのバランスを考えなくてはなりません。

それらを考えたうえで、沈下修正工事もしくは家起こしを依頼しようと考えたときの業者選びの参考意見としては、
その会社の施工実績やブログ等で施工品質に関する姿勢を判断してください。
かつて良い業者だった。と言われていた会社であっても、職人の高齢化、受注の苦しさ、時代に合わせたヴァージョンアップが出来ていなければ大金を預けるに値しません。

金額だけを判断基準とすると、痛い目に逢います。

宣伝になりますが、(そのつもりで書いているわけではないのですが、他に類書がないため)
沈下修正工事に関しては「曳家が語る 傾いた家を直す 沈下修正 ホントの話」(主婦と生活社)。
家起こしに関しては「曳家岡本口伝 構造から直す本気の住宅再生」(創樹社)という2冊があります。
参考になると思います。

もちろん当職への直接のご相談も対応します。
webメールでのアドバイスは無料です。お仕事のご依頼なくとも気にせずご相談ください。
hikiyaokamoto@gmail.com

2024年元旦に起きた石川県能登地震の報道を見てブログ書き直してました。

2023年を振り返ると「行ったことの無かった土地」に新たなにご招聘されることが多かったです。
これは、自分たち曳家岡本が技術面だけでなく「わざわざ出張費を払ってでも信頼できる施工業者だ」と認知されてきたゆえだと思います。
振りかえると、三浦半島で名前のある古民家の曳家+家起こしのご依頼をいただいて最高の出だしになるや!と思ったのも束の間。
法的な問題で工事がキャンセルとなり、どうしよう!!と困っていたら福岡~福島県南相馬市~茨城県水戸市~新潟県2棟~兵庫県豊岡市~岐阜県可児市~埼玉2棟とスケジュールは埋まりました。


世の中には構造部材が白蟻被害や腐っているのに「見て見ぬふり」して床や壁を貼って仕上げてしまう業者もまま存在します。

また、沈下修正工事に於いて、コンクリートを増し打ちした部分を軽く触れるだけでポロポロ落ちてしまうような施工しかしていない先例にも当たります。

こうした見た目だけを化粧でごまかしている「再生」業者を憎みます。
一般の方は、建築のプロに頼んだんだからきれいなったでけでなく安心して暮らせる建物に直してもらった。と考えています。
このような「見た目」だけのリフォーム工事のせいで地震時に耐えられなくなっている事例は普通にあると思います。
これからも「構造から直す本気の住宅再生」を真摯に続けてゆきます。

そして、曳家ですから。家起こしや曳家もご依頼いただければと存じます。





自分でできることがあれば頑張ります。施工だけでなく、修復工事アドバイスなども対応いたします。
建築士の皆さまのサポートをさせていただきますのでご連絡ください。

ところでみなさん夏目雅子さんが土佐弁で「なめたらいかんぜよ!」と啖呵をきる「鬼龍院花子の生涯」は有名ですが、その姉妹編である、浅野温子、池上季実子、緒形拳主演の「陽気楼」をご存知でしょうか?

現在は「得月楼」と名前は変りましたが、土佐を代表する料亭として今も君臨しています。
そこでなんと!「曳家岡本口伝 構造から直す本気の住宅再生」の出版を祝う会を開いていただけることになりました!

「曳家岡本口伝 構造から直す本気の住宅再生」出版記念イベント
「土佐派の曳家」岡本直也氏が、自らの技能や知識を余すことなく記した著書を出版いたしました。
「ごまかし」ではない本気の住宅再生を願う岡本氏の熱い思いがこもった本書の誕生を祝い、記念イベントを開催いたします。
2024年2月10日(土) 開場:16:00 講演:16:30~17:30 懇親会:18:00~20:00
会場:料亭 得月楼 2階大広間(高知市南はりまや町1丁目17番3号) 参加費:8000円
申込み:1月31日(水)までに調整さんにてお申込みください x.gd/rl9Ma (先着60名様) 問合せ:ede_ee@hotmail.com(担当:武政) 会場にて書籍(定価:1980円)を販売いたします。ぜひお買い求めください

岡本はともかく、土佐を代表する料亭に「盆梅」を鑑賞するためにぜひ全国よりご来場ください!

ご質問など、お気軽にhikiyaokamoto@gmail.comまでお願いします。

9年前の、千葉県いすみ市での写真。2人とも若い(笑)

東京・上野駅のすぐ近くと云う都心の真ん中で曳家工事をご依頼いただきました。

「曳家岡本さんって、沈下修正や家起こしばかりで実際に曳家(動かす)工事は少ないですよね」とご指摘いただくことがあります。
言い訳させていただくと12年前に関東に拠点を遷してから、埼玉県や神奈川県では曳家のご依頼ありましたものの。
「曳家する土地が無い」大都会では「家が動く」工事のご依頼はまずありません。
それに加えて、「曳家はぼったくりだ」という負の情報もあって、建築士さん、大工さんたちもやむを得ないケースを省いて曳家に相談することがないままに解体、新築という流れになっています。


そんなわけで、久しぶりの曳家。しかも東京都内デビューです。


最早、ブルース・リーのキレはありませんが。
しかーし。ブルース・リー原案「燃えよカンフー」や後に「KILL BILL」のデビット・キャラダインのように(笑)
ゆらゆらとちっとも強そうにないのに、やれてしまうのは。
「酔拳」に於けるスウ爺さんのようなものです。じゃあ、堅田さんは若いジャッキー・チェン。

はっ!視よ!(視てね)建物を安定させる為の細工の幾つか。


↑この画像と。

↑この画像に痺れる方は、同業者か?構造設計者?
X軸に対しては鋼材の上段を通すことで荷重を受けていますが、Y軸方向の土台に載るほとんどの柱を、H鋼の耳に橋を渡した短い枕木と詰め物で受けています。
こうした細工も「土佐派の曳大工」に連綿と継承されてきたものです。

もちろんいつものように鴨居の吊り束も「押し揚げて」荷重を分散させます。


↑元々の地盤から60cmほど揚がりました。

若い建築士さん、大工さんに、曳家の技術で何が出来るか?を知っていただかなければ依頼は減り、やがて廃れます。
そうならないために、本を書いたり。セミナー講師をさせていただいてます。
2024年は、既に6回ほどセミナーをさせて頂くことが決定しています。
後2年少しで引退しますが、後輩のみんなの為にも頑張り火星。

amazonや楽天ブックスでも販売されてます。しかもまあまあ売れている(笑)
送料かかるけど、サイン入りでコレクションしたいなーという方はhikiyaokamoto@gmail.comまでメールください。



この画像は、今から30年前に高知県高知市で当時33歳の若い親方、岡本が隣地に児童公園が出来る為に曳家した時のものです。
画面中央、左に見える枕木は、曳家するにあたって風呂場の高基礎部分を解体しているため他の土台の高さに鋼材を揃えるために組んでいるものです。

最早、芸術である(笑)

埼玉県白岡市での土台揚げ沈下修正工事現場。

休憩時間に堅田部長と話してたんですが。正直、自分らは曳家職人ですから、その技術の3割程度しか使わない土台揚げ沈下修正工事は、それほど腕の見せ所があるわけでも無いのでノリノリで、施工しているという訳ではありません。



しかし3年くらい前からかな?じわじわと「曳家岡本の土台揚げ沈下修正工事良いよね」とご評価いただくことが多くなって、土台揚げの依頼が多くなってきました。
地震の後を省けば、沈下修正工事は少なくとも6種類の工法があって、相場が判りつらいこともあるせいか利益を追いかけて参入して来られた方々もたくさんいるんで。まずまず受注を得る為の闘いがある中で依頼が増えているのはミラクルです。

3年後の引退に向けて現場ごとの打ち合わせ内容や見積書を堅田部長に転送しているんですが。

「親方の見積もりって見比べると判るんですが、どの現場も人工、出張経費とか日数に応じて掛け算されるだけで、変わるのは持ち込む工具の量で工具損料が若干、上下するだけですよね」

「普通は獲れるところからは獲って、仕事が切れそうな時は安くしてでも現場を続ける為に値下げしますけど、それをしないですよね」

あ~そう言われるとそうかもな~。だってほらっ。それなりの技術を提供しているんだから安くしないと依頼してくれないんだったら倉庫作業している方が良いと思うんだよな。

で、日々、土台揚げ沈下修正工事を繰り返していると、物凄く上手くなりました。

床下で建物のレベルを獲る。そして荷重を受けられるポイントを選んでジャッキを掛ける。アンカーボルトを伸ばす。ジャッキアップする。モルタルを詰める。書き出してみると、そんなに多い工程では無いのですが、一つ一つを丁寧に磨きあげてゆくと、美しい玉のような仕事が出来ます。

もちろん現場をしっかり施工してくれる熟練メンバーがいて、親方はクライアントに希望を聞きながらも「どうすれば良い施工が出来るか?を提案する」プレゼン力を持たなくてならないです。

さてっと。以下はこれから築古住宅を購入しようかな?或いはインスペクターさん必読の内容です。
親しくしていただいているインスペクターさんからのご紹介。
築古住宅を購入されたお施主さんから沈下修正工事の現地調査、見積書作成をご依頼されました。

一部、不同沈下もありながら、基本的には擁壁側に傾いていました。
お施主さんの要望としては地盤改良を伴う沈下修正工事でした。沈下の最大箇所が擁壁から60cm程度しか離れていない為、アンダーピニング工法は選択できません(擁壁のL型底板に杭の先端が当たると擁壁を倒してしまうため)
薬液注入は必須となりますが。それでは持ち揚げるのは、土台揚げと耐圧板工法のどちらが良いか?との選択になりますが。
こちらのお家は「べた基礎」ではありませんでしたが、後から防湿コンクリートを打っています。
それゆえ床下が30cmしかなく潜れますが、土台揚げ工事だと作業効率が悪いくなります。
ここは薬液注入と基礎ごと持ち揚げる耐圧板工法を併用する「ダブルロック工法」をお薦めしました。

↑沈下修正に関する入門書を出す程度には、各工法のこと知ってます。

しかし、この工事は実現しませんでした。
今回、大手不動産会社と交わした売買契約書には、「瑕疵が発見された場合、売り主が費用負担をして修理する」という一文がありましたので買い主は当然ながら納得ゆく修理を希望したのですが。
返された返答は「瑕疵となる1000分の6を越える範囲のみを修正する。それ以外は買い主の負担でお願いします」
というものでした。
えええええ!と思うのですが。そういうことなのです。

逆に売り主側の立場に立つと築30年近い築古物件の売買においてはよほどのもので無ければ、土地代金+200万円ほどが一般的でしょうから。沈下修正工事、薬液注入地盤改良400万円+付帯工事費50万円~100万円は出せないよ。となるわけです。
築古住宅を購入する際に、インスペクション調査(住宅診断)がいかに大切か?
そして沈下が発見された場合、それを修正するのにどれくらいの金額が必要になるか?の購入前の検討が重要であることを知っておいてください。

↑11月27日発売【建築知識ビルダーズ】️にサトウ工務店佐藤さんが、猛暑の中で施工した新潟での沈下修正工事について寄稿してくださってます。
各工法との違いや選択方法を、発注者目線で解説して下さってます。

尚、沈下が発見された場合のご相談は自分でも出来るけど。実務者ゆえ利益誘導となるのが嫌ですから、(一社)建沈連にご相談されるとフェアな提案が得られると思います。
特に行政や弁護士さんとか向きです。

ps
お気軽にお問い合わせください。
hikiyaokamoto@gmail.com

さいたま市西区で、沈下修正工事をさせて頂きました。

神村真先生や千葉先生が視たらトップクラスの陥没資料画像だ!と言われそうな見事な陥没です。

まだありました!

フーチングの下も。

こちらのお家は、床下点検口がありませんでしたので、床下の状況は推測しか出来ませんでした。
現地調査にお伺いさせて頂いた際に、「室外機のそばにモグラの穴のようなものがある」と相談いただいたのと、沈下量が僅か3mほどの間隔で最大9cm(1000分の30)という極端な沈下傾向です。
しかも、この最大沈下部分はほぼ下屋ですので大きな荷重が受けていません。
それでもここまで大きく沈下しているわけですから、薬液注入工事で地盤を固める+万が一空洞があれば充填してしまう提案をさせて頂きました。

提案時には、ご自分たちの健康寿命を考えて、水平に直す以外の追加予算は控えたい。とおっしゃられましたので、こちらも日々、老人に近づいている身ゆえ、たいへんお気持ちは判ります。
なので、「モグラの穴のようなものは転圧して、もしフーチング下に空洞があればそれはセメントミルクを造って流し込むようしましょう」「幸い軽い部分ですから、水平に直るだけで随分と地盤への負荷も減りますから」と始めたのですが。
床を解体させていただくと画像のような穴です。
これをお施主さんに見ていただくと流石に、薬液注入を手配してください。となりました。

しかーし。それだけだと弱いんで・・・(弱くないけど)。薬液注入業者に来てもらう前に、保険の意味で最大沈下部分には耐圧板架台をセットしておいて、そこだけでも支えておこうと、堅田さんと宏くんに、またまた穴掘りして貰いました。

これで空洞部分の弱点を補いました。
じゃあいっそのこと全体を「耐圧板工事」で持ち揚げたら。というご意見も出るでしょうが。無筋コンクリート基礎であること。
さらに、2階が載っている部分から始まる急激な沈下により基礎クラックが入っている部分もあることから、それは無い。という判断をしました。
千葉県いすみ市の倉庫に在庫で置いてある「架台」を獲りに行ったところ・・充分な台数が無くて。
悪い先輩として、杉並にある同業者「野口工事」野口さんに急ぎ在庫を配達してもらいました。
野口さん本当に助かりました。次はうちが何かでお返ししますから言ってください!

フーチングの底部が大きなぐり石でしたので、接地面が小さくならないよう天端を詰める際に使う、接着剤入りのモルタルを造って詰め込んでゆきます。

急に依頼したゆえ、日程調整でたいへんご迷惑をお掛けした、いつもの俊成さん。

5ポイント打ってもらいました。
もちろん大量に打てばそれだけ地盤は固くなりますが、この24平米ほどの範囲、下屋であることを考えて充分だろうと考えました。当初の予算から大きく逸脱しないようというのもあります。

地盤の下地が出来たところで土台揚げ開始です。


きれいに揚がってくれました。
おばあ様が退院されるまでに、内部の復旧を終わらせるという目標もありましたので良かったです。


都会あるある。なんですが・・搬入条件や資材置き場に苦労してます。
近隣の空き家のお庭を借りていただいたのでそこから小運搬してます。

雨水処理についても、安田棟梁、お施主様と話し合って「再沈下の確率をどれだけ下げられるか?」のために相談しました。
まっ東日本大震災以降で、1棟も再沈下起きてないですが、アンダーピニング工法と違って保険が付きませんから「絶対はない」ですから、問題点を潰してゆくのみです。

現場させていただいている間に、制作に1年半かかりました「曳家岡本口伝 構造から直す本気の住宅再生」の出版記念イベントが続きました。


左から「構造塾」佐藤実先生、隣 伊礼智先生、肉体労働者、一人飛んでスーツの似合う日本一難易度の高い現場が好きな解体屋「創心建設興業」高信社長。 この4人が並ぶことは2度と無いだろうなー。

交流会の片付けを終わってスカイツリーを見ながら、堅田部長と浅草駅に向かって歩いた気持ちは一生忘れらないだろうな。
13年前に高知を出てきてから、今、自分たちがこんなふうになっているの信じれないです。


出版のきっかけを創ってくださった新潟「住学」のみんなとの記念撮影。
セミナーの方は事務局から放送禁止と指導をいただくほどのリアルな話が出来ました。
大工チームには絶賛だったんですけど。大人の皆さまには迷惑かけたかなー。
ps
本、売らないといけないんでセミナーのご依頼をお待ちしておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。
お仕事もね。気のせいなんですけど、昔の知り合いから「曳家岡本、敷居が高くなったんで依頼し辛い」と言われますが、家は揚げてますけど。自分らは床下を頭低くして這ってますから、低いですよー。よろしくお願いいたします。
hikiyaokamoto@gmail.com

岐阜県可児市にて、土台揚げ沈下修正工事しておりました。

今回は、床を貼り換えるので、剥がして構わないです。と言っていただいたので廊下と床の間部分を省いて「蛇人間」にならなくて済むと云う幸せがありました。

なので「伸ばしナット」の取り付けも実にスムースでした。1本のアンカーボルトも切断することなく伸ばせました。


今回は、かなり大きな2世帯住宅だったんですが、後から増築、改修している部分とかの問題点を見つけて 「構造的に」不安の無い建物にする。という沈下修正工事とはやや違う部分が大きくなりました。

まず在来浴室を、ユニットバスに変更するためにタイルを落していると三ツ割で囲まれた小屋状のものにタイルが貼られてます。
土台も柱もありません・・・と思っていたら、三ツ割を取り省くと通常の土台と柱が出て来ました。
わざわざ風呂場を狭くするこの施工は何なんだろう?と思いましたが、もしかするとこれは通気層の確保」のための細工だったのかも知れません。
実際、土台や柱は健常でした。(普通は半分くらいのお家では程度の差はあれ湿気で傷んでいます)

次に、床を剝がしていたら、壁はあるけど。土台も柱も無い部分が出て来ました。
基礎も捨コンに、10cmブロックを附いただけの簡易なもの。ここに柱が無いと、3間(約5・4m)もスパンが飛びます。
ここを効かせないないと、沈下している方向にある2列だけで建物の荷重を受けているわけですから、水平に直して荷重が分散したとしても負荷は偏ったままですから、再沈下の確率は高いままです。
事情を説明してご依頼主様と大工さんのご理解を得て、ブロックを撤去して基礎を造らせて頂きました。



天井を剝がしてやはり存在した梁」を仮の柱で突きます。
そして梁からレーザーポインターで基礎梁の位置を特定します。

↑画面左上のコンクリートの位置を見ると、5mm程度現状の壁よりはみ出ていることが判ります。
これは天井側の梁を芯で捉えた柱を立てる為に敢えてこの位置としました。
こういう細かな細工は頼れる漢・堅田光一部長が目を光らせてくれています。

今回は、先に千葉県いすみ市の倉庫に片付け便を出向いた際に、今、使ってない10トンジャッキを持ってきて。これを仮柱の下に入れて後から入る大工さんがジャッキを自由に使える環境を遺してゆくことにしました。
本当は自分たちと相判で重さを感じながら柱を挿入してもらいたのですが、大工さんのご都合もありますのでこうなりました。

基礎天端詰めも完了したんで・・

親方しか出来ない高度な作業をします。


差し掛け部分の柱脚が、一緒に沈下していた部分を掘り出して、ベースを造ってから巻き込みます。
堅田部長から「そこ元々、捨コンだったんですから、そこまでしなくても良いんでないですか?(笑)」と笑われますが。
まあ、ほらっこういう小さな気の使い方でその業者の姿勢が視えるというもんですよ。きっと(笑)


掃除もね。

明日からさいたま市です!久々に沈下が1000分の20を越えるお家です。
曳家岡本に頼んで良かった。と思って貰えるよう3人で頑張ります!


お気軽にお問い合わせください。webでの相談は無料です。
現地調査をご希望される場合は日当3万円+交通費ですが、日時を合わせて下されば近くを通るタイミングで交通費を節約出来ます。
hikiyaokamoto@gmail.com

 

能登半島地震で住宅被害に遭われた方へ

以下、実務者の立場から書かせていただきます。

  1. 液状化による地盤沈下を直す「沈下修正工事」と地震の横揺れで歪んだ建物を直す「家起こし(軸組補正工事)」は別ものです。

    水平を直すのみの工事と、垂直を直す、もしくは水平を直しながら併せ技で垂直も直してゆく工事です。

    おそらくは新潟県は沈下修正工事のみで可能です。石川県では家起こし、および座屈した柱の取り換えなども必要になると思います。

  2. 工事の着工時期についてですが。皆さま1日も早い修復を望まれていらっしゃいると存じます。しかし、地盤が充分な固さに戻るまでは施工出来ません。

    余震がこのまま収まったとして、おそらくは最低3月頭くらいまでは着工するべきではありません。

  3. にわか業者、悪質ブローカーにご注意ください。

    普段、ご縁が無い業種ですから唯一、判断できる金額のみで選ばれることもあるかとあります。

    家は安心して眠れる場所でなくてはなりません。

    歴史を背負っていない利益だけを考えている方と誠実な工事をされている業者を一緒にしないようしてください。