健康障害

傾いた家に住むことの、地震時の不安と健康障害

斜めに建っているものが、真っ直ぐ建っているものより倒れやすいことは判り易いと思います。

時々、「傾いた家を直します」と称して、傾斜に合わせて床で調整している動画やホームページを拝見していますが、あれが正しくは「住みやすく床を貼り直している」のであって、家の傾きを直しているわけではありません。

建物そのものは斜めになったままですから、倒壊しやすいと考えてください。

 

それでは健康被害についてはどうでしょうか?

以下は2021年5月5日に岡本直也個人名義で投稿しているfacebook記事なんですけど。

ものすごく反響がありましたので、ここに転載しておきます。

 

貧しい話です。
これは高知県に限ったことでは無いのかも知れないですが。
昨日、コンビニの駐車場を出ようとすると、65歳ほどの男性に声を掛けられて、沈下修正工事に関しての問答をしました。

  • 男性

    家の傾き直すって書いちゅうけど。珍しいねえ。けんど、小さい家しか出来んろう?

  • 岡本

    いや。出来ますよ

  • 男性

    地盤から持ち揚げることも出来るろうか?

  • 岡本

    出来ますよ。但し、薬液注入工事は面積や支持層の深さで価格も変わりますけど・・費用がかかりますよ

  • 男性

    いくらばあ、掛かるろう?商売やりゆうき。家は太いがよ

  • 岡本

    仮に60坪くらいの敷地であれば、1000万円くらいは考えておいた方が良いですよ

  • 男性

    そんなには掛けれんよ。もう建てて50年過ぎちゅうきね

  • 岡本

    ある程度古いものなら諦めて傾き直すだけの方が良いかもです。それなら、大きなお家でも300万円から400万円で直ると思いますよ

  • 男性

    そうか・・・ばっちり下がって割れちゅうがよ(どこかは判らないまま会話続行)

  • 岡本

    仕事欲しくて言うわけじゃないですけど、傾きが酷い家にずっと住んでいると脳梗塞になりますよ。
    自分がこの10年間に出向かせていただいたお家でも、3棟で体調崩して奥さんが寝てました。
    女の人の方が、症状も出やすいみたいです

  • 男性

    (顔色変わって)うちの女房も体調が悪うて寝ゆうがよ。
    そのせいやろうか?

  • 岡本

    そうかも知れないですよね

  • 男性

    まあ、こんな(コロナ禍)時代やしね。金も使えんし、はい、はい。ありがとう

 

去ってゆく。
名刺渡さず。

実は、この1か月ほど前も、高知県内で2棟、現地調査に呼ばれて伺ったのですが。

そのうち、1棟は重量鉄骨の隅柱が大きく沈下して、そのためにブレスが切れて恐怖に震えた。

近隣の大工に見てもらったが、「直しようが無い」と匙を投げらていたものを、自分が70万円税別で直します。と見積もり金額を出したのですが。
返事無いままでした。

この金額を、沈下修正工事に携わる他業者さんと話したのですが、「安い!安すぎ!」と笑われたのですが。

家内に話すと。

「24時間300円で、コインパーキングを利用できる街と、1700円の街に住んでいる人では金額に対する感覚が違うから仕方ないよ」と言われました。

予算に余裕がある古民家再生等と比べて、一般住宅の沈下修正工事はどうしても価格優先になります。

商売として考えるなら、「価格しか見ない」のであれば、それに合わせた工事をすれば良いんでないか?と思うこともありましたが、自分が許容できる品質を下げてまで粗悪な工事をしたくないと決めています。

 

健康障害につきましては、色々な業者さんが投稿されていますが。

第三者機関による調査報告が正しいと思いますので、ここに記事ページをご紹介しておきます。

日本建築学会住まい・まちづくり支援建築会議による「建物の傾きによる健康障害」というページです。