2021年1月2日 10:00

2021年謹賀新年:曳家の施工価格で家内に烈しく罵倒されてます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、高知の自宅で家内と静かに暮らしました。
家内は「愛の不時着」が観たくて、そのためにネットフリックスに加入しました(笑)
4日間で観終わってしまって「ヒョンスク~~」と樹木希林が「ジュリー!」と叫ぶような調子で何度もニヤケました。
自分には厳しいんですけど(汗)

年末ぎりぎりまで、新規のご相談が続いてましたが。
昨日の元旦も、同業者様より「小さな現場で申し訳ないんですが、急に決まったものなんですが」と急ぎのお話を打診いただきました。
どうしても、小さな現場だと、資材の輸送費、作業員の移動費、宿泊費を含めると地元の同業者さんと同様という施工価格にはなりません。
そこでこの案件は自分の信頼できる近隣業者さんをご紹介させていただきました。

逆に、目安としては500万円を越える規模の工事であれば、工具損料を値引きさせていただいたり、宿泊をマンスリーマンションにするなどで、近隣業者さんと大差ない金額で出せます。

ただし、安さを売りにしている業者さんと比べられても困ります。
自分も、もう60歳です。お客さんの望む金額に合わせて「こんなことしても一時しのぎにしかならないよな」というような工事はしたくありません。

家内には、大晦日に「お前はお施主さんたちには良いかも知れないけど、家族に対しては誠意が無い!もっと儲けろ!」と罵倒されました。
しかし、大手でも無く、資本力も無い弊社が続けてこれたのは手間を惜しまず利益を薄くしてやって来たからだ。
これを崩すことは不安だし、もうこのまま続けさせて欲しいと嘆願しました。

多くの工務店さん、建築士さん、もちろん一般のお施主さんにとって、曳家に仕事を依頼することは一生に一度あるか?ないか。だと思います。
市場に出向いて、スーパーマーケットの鮮魚コーナーの鮮度や価格と比べてみて、

「うわ~きれい!そして安い!」と比較するようなことは出来ていません。

「失敗したくないから。「曳家岡本」さんに来てもらいました」

と思っていただけるような職人になってゆきたいです。

今年は60代になりましたので、「全日本曳家技能者連盟」主宰の「曳家技能者 枕木組みコンテスト」60代部門で一位を獲得することも夢では無いな。と思っています。
ライバルが少ないですから(笑)
勝てる勝負しかしない!これが曳家岡本のこだわりです!

年末は、愛媛県南予方面にも現調に行かせていただきました。

早々に仕事終わったんで、前から行ってみたかった「外泊(そとどまり)」見学。
ここで仕事のご依頼あると搬入がたいへんです。

いつも千葉県のこと考えています(笑)
こちらは、阪神タイガースのキャンプ地 高知県安芸市の道の駅。
こんなところまで千葉の地場産品が出荷されていて、嬉しいわけです(笑)

※真面目に捉えている方はまずいないでしょうが。念のため
 「全日本曳家技能者連盟」なんて、ものは存在しません。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
コメント
アーカイブ