2021年4月28日 11:59

曳家岡本 淡路島 初現場です!

川崎市での現地調査に向かう途中で、文化財修復をされている宮大工の広島秀明棟梁(木匠和水建築)さんからお電話頂きました。
「淡路島で古民家の柱の根継ぎをしているんだけど・・添え柱を取り付けた金具が荷重に負けて滑っている」と・・。

どうやら、阪神淡路大震災の際に足固めの部分が揺れて折れていたようです。
ここに荷重が集まっていました。
曳家としては全体を少しづつ矯正して、水平を戻したいところですが、将来的なご利用計画も含めてそこまでの規模の工事は出来ませんので。
この柱のみを根継ぎする計画です。

広島棟梁は、一昨年の徳島での豪商の古民家修復にも何日間か応援に入っていただいていました。
その時に、使っていた柱を掴む金具等をご自分でも作られて利用されていたんですが、今回は重いので、自分が工具持参で、手伝いに呼んでもらいました。
上の画像のように、金具を増やしてジャーナルジャッキでガッチリと受けます。

柱下を一旦、真っ直ぐにカットして。

柱下に、ジャーナルジャッキを掛けます。
これで一旦は添え柱に頼ることなく、柱を安心して持ち揚げらます。


可能な限り、ジャッキを掛けたままの状態で作業します。

いよいよ仕上げですので、柱下のジャッキを外さないといけません。
でも、添え柱の金具が僅かに滑ります。
仕方ないので、鴨居の吊り束下にサッポードでジャッキ掛けて、荷重を分散させます。
古民家ですので、通風のために床下の真ん中あたりが地盤がすり鉢状に低くなってますので、枕木組み辛いのですが。
まあ、そこは42年もやってますから、「これはこの程度の組み具合で構わない」との判断くらいは出来ます。

いや~~。無事に根継ぎ出来ました。
自分はスタコラサッサと帰路につきましたが、広島棟梁はこの後、足固め等の復元もされていたと思います。
お疲れ様でした。

休憩時間に広島棟梁の出身地である東京亀戸や、砂町商店街の話で愉しく過ごさせていただきました。
曳家岡本は「高知の岡本さん」「千葉の岡本さん」と云っていただきますが、実は家族全員、江東区大島に住んでますので。
「江東区の岡本さん」でもあるんですが。それは意外と知られていません(笑)

五の橋をヒューレットパッカード本社方向に抜ける狭い道中にある「千鳥軒」さんとかにも行くくらいは、亀戸、砂町あたりに馴染んでます(笑)
今の時代にラーメン400円は凄い!しかも結構おいしいです!
もちろんおじいちゃんとおばあちゃんがお二人でやってます。


自分もセミリタイアしたら、他に特技も無いですから。
今回みたいな「柱1本だけ取り換えたいんで、工具持参で指導もお願いします」みたいな仕事をしようかな?と言っていると、広島棟梁に。

「こんなことやろうとする大工が何人いるかな?」と究極の現実を突きつけられました(汗)

まあ、一人でトラック運転して、あちこち行ける間はフットワーク軽く。
どこでも行きますのでお気軽にお声かけください。

hikiyaokamoto@gmail.com
まで~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿
コメント
アーカイブ