2022年2月4日 19:22

千葉県茂原市「藻原寺」さんの社の土台取り換え工事中です。

今回の施工内容は、反則技ですので、若い曳家さんや大工さんが参考にしていただくのは良いですが。
あまりお薦め出来るものではありません。
弊社の場合は、バックアップを獲れるくらいの資材も工具も豊富にある。ということもあります。

さてさて、本題です。

一級建築士育成指導プログラム「教育的ウラ指導」「合格ロケット」の主宰、(株)イエサブユナイテッドの荘司和樹さんから。
お父様の建設会社さんが管理をお手伝いさせていただいている千葉県茂原市の市役所前にあるものすごく大きなお寺、「藻原寺」さんの。
裏山にある「社(やしろ)」の土台や柱脚が傷んでいるんで取り換えたい。というお話をいただきました。

荘司さんに、「父や千葉県建築士会の仲間に曳家岡本の技術を見てもらいたい」というありがたいお気持ちをいただいてのお仕事です。

で・・普通、土台を取り換える為の嵩揚げと云うと、柱を掴んで持ち揚げるわけですが。
今回は、解体して柱を出している部分が腐食により、ボロボロです。
魔法は使えませんから、ボロボロの柱を掴んで持ち揚げることは出来ません。
出来ませんけど、「やって欲しい」です。


まず初めに考えたのは、足固めを土台代わりにして持ち揚げる。ということでした。
これは、床下の深いお寺などの柱を持ち揚げる際に、足固めを抜いておいて、その穴に鉄板を入れてブリッジで持ち揚げる技です。




※昔から大工の世界では、実際の荷重の3倍の大きさのもので造作する。という考えがあって、この3つ割程度の足固めも、この3寸柱の荷重を受けるには合格していると考えて良いということです。

そうなんですが、それだけではこれだけ傷んでいる柱ですから、潰れる心配もあります。
なので、柱に掛る荷重を減らすために、建物の外周に枕木を組み上げて、その上に鋼材を渡して、梁を突くことにしました。


これが脇障子(袖壁)を回避しなくてはならないのと、斗供(向拝柱の下の桁のあたり)との高さを合わせなくてはジャッキを掛けられません。

そんなわけで、多くの方は、サッポードでなんとか凌ぐわけですが、サッポードの不安定感はこうした工事に携わったことのある方なら誰でもご存じの通りです。

辛いことはしたくない。でも、やっておいた方が、後から入る左官さんや大工さんが、少しでも安全に作業できるような環境を作っておくことが人としての礼儀です。

荘司建設 荘司さんのお父様は、初め見積もりを見て「いや、ちょっと高いな。と思ったんで、岡本さんからの見積もりをそのまま出したよ(笑)」と仰られましたが、
今もそう思うかなー(笑)

この投稿を見て、世の中の何人かの社寺、古民家修復に携わる方が「曳家岡本と相判してみたいな」と思ってくれたら嬉しいなー。


そう思っていただく為に、片道200mの坂道を人力で約4トン運びました。
自分はほんの少しですが、堅田さんと、宏くんは、足パンパンです。

ps
何年も前に廃業された曳家さんから、枕木を貰って欲しい。とご連絡いただきました。
これで1m20cmの長さのアピトン、パウキジャン(どちらもハードウッドです)だけでも3700本保有していることになります。全部入れると4500本くらいあります。
地方の曳家としてはかなりの規模となります。
この保有資材があるから不安なくできるお仕事がいただけますように(笑)

ps2
生きていると、車が壊れたり、病気になったり色々なことがあります。
高知県宿毛市の現場が終わってから、幾つかありました。
ブログの方も書いてましたが、力の入っていない内容だったと思います。
今回から復活します!よろしくお願いいたします。

hikiyao へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4件のコメント

  • 野口 より:

    岡本さん、揚げ工事ご苦労様です。現場に対する熱き想い・技術力・人間力見習っていきます。
    まだまだ寒いですが、頑張っていきましょー!

  • 荘司和樹 より:

    岡本さん,魔法のような問題解決力をありがとうございました.何度もみかえしてみてその凄さに感動しております.

    • 曳家岡本 より:

      荘司さん
      ありがたいです。
      本当に、こうしたことも出来る。ということを、多くの建築士さんに知っていただければ幸いです。

最近の投稿
コメント
アーカイブ